こちらは2月末には発表されていたので

ご存知の方も多いと思いますが、

つい先日弊所に届いた認定証明書にも

そのアナウンスはついておらず

ご存じないと慌ててしまうと思うので

改めてご案内します。

 

通常、在留資格認定証明書の有効期間は3ヶ月ですが、

当面の間は6ヶ月間有効なものとして取り扱われます。

 

おそらくほとんどの在外公館で査証の発給は

今現在されていないはずです。

その為、以前に認定証明書を交付されたかたから

慌ててご連絡いただくことが多くなっております。

 

有効期間6ヶ月間となっておりますので、

どうぞ落ち着いて

状況を見ていただければと思っております。

 

尚、交付後3ヶ月を経過された認定証明書を使われる時は、

受入れ機関(雇用機関など)が

「申請時と変わらない活動(仕事)で雇用します」

という旨を書いた文書が必要となります。

この文書についてご不明なことがありましたら、

弊所までお問合せください。

 

2020年4月22日現在

木村行政書士事務所 ⇒