建設業の許可はいくつか種類があります。

都道府県知事許可か。

国土交通大臣許可か。

 

これは工事の請負金額や業種などは関係ありません。

営業所の所在地によります。

 

営業所が一つであれば、

その営業所の所在地の都道府県知事許可。

 

それが2つ以上であって、

かつそれが都道府県を跨ぐときは

国土交通大臣許可許可になります。

 

つまり、複数の営業所があっても

それが同じ都道府県内であれば知事許可です。

 

弊所には多くの大臣許可の

クライアントさんもいらっしゃいます。

 

多くは知事許可から営業所を増やして

大臣許可となったかたちです。

 

ちなみにこの場合でも、

新規許可になります。

今まで知事許可があってもです。

大臣許可は初めましてなので、

新規許可です。

 

このような許可を

「許可換え新規許可」といいます。

 

営業所が増えるということは

業務の発展が裏にあります。

このような良き節目のお手伝いができることは

いつもとても光栄に感じます。

 

許可換え新規もこちらまで

⇒ 木村行政書士事務所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です