前回の記事で、設立手続きを始めるためには
「宗教団体としての活動実績が3年以上あること」
これが必要と載せました。

それでは、その中のキーワード
「宗教団体」とはどのようなものなのでしょう。

「宗教団体」は下の4つを満たしているものです。

  • 教義を広める
  • 儀式行事を行う
  • 信者の教化育成
  • 礼拝の施設保有

 

つまり、
この4つを満たしていない宗教団体の活動は、
実績としては認められません。

逆に言いますと、
設立する為の審査として、その団体の活動が
この4つを満たしているかをチェックするのです。

もちろん、宗教活動は自由なので
この4つを満たしているかは本来は気にする必要はありません。

けれども、設立を目指すときは、
きちんとこの4つを満たした活動をしなければなりません。

コメントを残す